子供のわきがを家族で乗り越える

子供の将来を考えクリニックでわきがの相談をする

子供の将来を考えクリニックでわきがの相談をする / 日常的なケアから始めて進行の度合いで手術も / 食生活を見直しストレスにならない様に見守る

子供は小学生でまだまだ甘えん坊ですが、ある時腋が臭うことに気がつきました。
それも鉛筆のような独特の臭いで、噂に聞くわきがなのではと焦りました。
本人に伝えても傷つけるだけですし、かといって悪化しても困るので、夫婦で話し合って様子をみることにしました。
例えば汗を掻いたら直ぐに着替えさせる、入浴は必ず毎日欠かさず行い、腋は念入りに優しく洗うなどです。
腋に塗るデオドラント剤を使い始めたこともあって、しばらくは臭いのことを忘れていました。
ところが、同じようなことが再び起こり、今度はハッキリわきがだと直感しました。
その時の感覚は今でも鮮明に覚えていて、本能に訴え掛けるような臭いだと感じています。
本人にさりげなく、何か臭いがしないかと聞いてみましたが、本人は特に気がついていない様子です。
自分の臭いに慣れている結果なのか、それとも鈍感なのかは分かりませんが、いずれにしてもこのままでは駄目だと思いました。
もしいじめられたり疎外されてしまったら、そう考えると居ても立っても居られませんし、何より子供の将来に関わります。
悩んでいる暇はないと考え、正直に伝えクリニックで診てもらうことにしました。
本人は自覚がないからか、それほどショックを受けた様子ではなく、親としてはホッとしたのが正直なところです。
ただ、本当に傷ついていないのかは分かりませんし、将来的にショックを受けることもあり得ると考えました。
何があっても常に味方だと伝え、治療が必要なら何でもすると子供に言いました。

子供はストレートに「臭い」と
言ってしまう場合もあります。

もし、あなたのお子様が
学校でお友達にからかわれたら?
お子様の「わきが」も治療できます。
https://t.co/TIMSaWXs7t #福岡  #わきが  #ワキガ  #学校 #友達  #いじめ  #わきが治療  #ワキガ治療

— 福岡わきが治療専門 (@ayabe0011) 2017年9月29日